キャッシングの金利について

キャッシングを利用すれば当然、元金に金利が付きます。
金利とは貸付における手数料のようなものです。
年間利率(年利)で表され、その利率から元金と借り入れ日数に応じて利息が割り出される仕組みです。
ちなみに利率はいくらでもかけていいというわけではなく、利息制限法による規定の範囲での貸し付けになります。
利息制限法の内容は、元金10万円未満なら年利20%となっています。
他にも元金10万円を超える場合は年利18%で、元金が100万円を超える場合は年利15%までとなっています。
つまり、たとえば50万円を借りたとしたら年間利率0%~18%までの範囲で貸し付けるということですね。
この制限を超える貸し付けを行うと違法となるので、その業者は刑事罰に処されることになるでしょう。
では、年利からどうやって利息を出すのかですが、『元金残高×年利÷365×借入日数』=『利息』の計算式になります。
日割り計算なので、返済できるときにまとめて返済してしまうことによって利息負担を減らすことが可能です。
本来キャッシングは大金を借りるためのものではなく、一時的な軍資金として借りるものですので、お金が工面できたらすぐに返済をしていくようにしましょう。